人生綱渡り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同じようで違うこと

どうも、QWHRです。お久しぶりです。

日々の生活に追われ、更新が遅れました。
しかしあれですね。
人間忙しくなるとこれまでの生活で何が余分だったかよく分かりますね。
まぁ、労働的な意味で無意味でも人生を満たす的な意味ではそれ程無駄ではないことも結構あると思いますけど。

仕事のためだけに生きたとして、
なんかの理由で仕事を辞めざるをえなくなったり、
定年とかで退職したら何が残るんでしょう?

そりゃ、仕事にやりがいやら生きがいやらを見出すのは人の好き好きですけど、
それが無くなったら一気にボケたり抜け殻や生きる屍みたいになるんじゃないんですかねぇ。

とは言え、一生を捧げる程の意志や覚悟が無い限り日々の糊口稼ぎに追われて集中できないのも確かな訳で…。


で、本題。
「なんで訊かなかった?」「分からなかったら訊いて?」とか、
「なんでできると思った?」みたいなことを言われた時に思ったこと。
我ながらすげぇ屁理屈だと思いますが…。

「間違ってるのに尋ねない(やっちゃった)」っていうのは、
「分からない(けどやった)」のではなく、
「分かっている(つもりでいる)」ってことでしょ?

間違った理解していても当人はそれが『正しい』と思っている訳で、
そして『正しい』んだから訊かないんでしょ?


「分からない」「間違って理解している」って、
同じことのようで全然違うことだと思うんですよ。

ほんとに「分からないな」と思ったら(少なくとも最低限のレベルで)人に訊くだろうし、
「分からないのに訊いてこない」のは、
ものによっては当人だけじゃなくて訊かれる側も問題があるのではないでしょうか?
ここで「そんなの勝手に困ればいい。俺は知らん」って思った方、その嫌な姿勢が滲み出てるから避けられてるのでは?

間違って理解している場合は当人が正しいと思ってる間は絶対に訊いてきません。
なぜならそれで合ってると思ってるから。

簡単な事ですね。
面倒でも相手が「どれ位理解していたのか」から確認していかないと、絶対要らん軋轢を生みます。


後は「人(主に客や自分)のことを考えろ(気遣え)」と言う方。
その言葉を言う前、言った後にどれだけ相手のことを考え(気遣い)ましたか?

ガキの喧嘩じゃないので、「相手がそうだから自分もそうする」「こいつは自分より立場が下だからOK」ではダメでしょう?
立場が違うなら尚更問題だと思います。

奴隷を振り回してるならともかく(それは別の意味で問題ですが)、相手も自由意志で付き従ってるのです。
反感を買われて嫌々やってる感満々で付き従われるのと、
自分のために喜んで動いてくれる"忠誠心"で付き従われるのではどちらがいいですか?

無論これは言われる側も「全受け姿勢で何もしない」のはいけませんが、
将来的に付き従う人間の数が多い方がいいなら、
上に立つ者として気を遣ってあげるべきなのではないかと思います。
まぁ、「頭数は十分だから別に困らないし」とか「ある程度残ってればいいかな」みたいなこと考えてるようなら、
「それなら何故入れた?」「要らないなら他所行ったり他のことすればよかった」って話になります。
相手のことをその程度にしか見てないのなら、
頭数に数えたり何かを要求した時の対応も"それなり"だと思っていただかないと困りますね。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/16(日) 01:17:27|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たたき

どうも、QWHRです。
無意味にとてつもなく語りたくなったので。これがホントのチラ裏。

何度繰り返した分からないような感覚がして、自分の物の見方に周期的なものがあるなぁなんて思った今日この頃。
まぁ、簡単に言えば、『面白い!』と思ったものを見つけてから、その評価が『普通』に変わっていって、また新しい『面白い』ものを探しに行くまでの動きですね。

つまらない人間なのでゲームや漫画・アニメ、映画くらいしか挙げられませんが、それはおいといて。
つかみは結構適当なもんで、漫画とかアニメだったら「ああ、こういうのあったな」とか「このキャラ見たことあんな」とこから入ります。映画はタイトル的に面白そうなのとかを適当に。
ここで実際見て「これ面白れぇ!」ってなる訳です。
面白いと、それについてもっとよく知りたくて、色々調べる訳です。そのものに対して、またはそれの元ネタとかになってるものについて。
ただ、当然ながら、皆が同じ感性を持っている訳ではありません。
調べていく内に、自分が好きだったものが寧ろマイナス評価だらけだったりすることに驚いたりします。
そうなるとマイナスの意見も含めた上で、またその作品と向かい合う事になる訳です。
そうすると、指摘されてることに対して、「ははぁ、確かにそうかも」なんて思ったりして、前よりも熱狂度が落ちていく。
勿論今でも面白いとは思いますが、「~な所は面白いけど、~な所はイマイチかも」って感じですね。
まぁ、清濁両方受け入れられなくて何がファンだ!って事で。

なんだっけ、どっかのコピペでありましたね。
ま、良い所に盲目になるのもいけないし、悪い所ばっかり見て不毛に叩きまくるもの面白くはないですよね。
続きを読む
  1. 2013/08/24(土) 03:36:52|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不安

休みに入って緩みまくってますが、意味もなくこんな時間に飛び起きるなんて久々です。
久しく見てなかった夢をよく見ますが、逆にそれが余計に不安を煽る訳で。

若干、いやかなりネガってる状態で書いてるので折りたたんでおきます。 続きを読む
  1. 2013/03/04(月) 05:15:59|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近

なんかこう思う所が多くて、書きます。ひどく私事なので折りたたむという。 続きを読む
  1. 2013/02/01(金) 20:01:36|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怠惰

後ちょっとで3年も延長した学校生活が終わります。
振り返ってみると、ホント自分何してたんだろうなぁなんて思えてきて中々辛いものが…orz

もう年明けから数日経ってますが、今年欲しい(身に着けたい)もの
・決断力
大事ですよね。いつもいつもギリギリまで迷って、それで殆どやれる事もやれないような感じです。
もう少し決断が早ければ、もっと違う道もあったんだろうなぁと。

・継続力
『継続は力なり』とはよく言ったものです。全く無い自分はどれもこれも中途半端だと思います。
もう、継続力を継続する努力から始めないといけないレベルで足りてないので、頑張らねば。

・自信
全く無いです。正直言って、世のあらゆるものに怯えて萎縮して生きてるといっても過言ではない。
自信を持てるようなことが一つでもあればいいんですが、自分にそういうのがあるのか?と思います。
言い換えると、『自信を持てる何か』を得る事、なのでしょうか。

・創造力
上の三つが欲しい理由の一つに挙げられます。自分のベースにありながらも、ないがしろにしてきたもの
創造的な事は何でも好きです。立体、平面、文、とにかく色々。何でその道を選ばなかった自分…。
それに対する自信も技術も無い状態なので、今年こそは何か一つでも技術を身に着けたいところ。


とにかく、今のチラ裏話を一段落するところまでもっていきたいです。
画力や時間がもっとあれば絵で表現したかった話なので、そっちの技術がついたらそっちでもやりたいなぁ…なんて夢物語状態ですが。
尺、というとあれですが、一話毎の話の長さを調節したりとか余計なことしてるのがアカンのでしょうか。
話の長さがマチマチでも書きたいだけ書くのがいいのかなぁ。

レールを敷いて、それに沿う形で登場人物とか背景を乗っけてるので、その加減が難しいです。
…ドヤ顔で語るほどの文章力や技術は無いんですけどねorz
  1. 2013/01/06(日) 02:15:40|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。