人生綱渡り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tableにコントロールをぶっこむ(メモ)

まだ動作確認が済んでないのでメモ書き程度で。
SQLの方が上手くいったらもうちょっとちゃんとしたのをアップする予定。

※ResultSetでデータ取得してくるの前提 (rs = ResultSet)
※後、Editor は宣言済みって事で…

while(rs.next())
{
    TableItem item = new TableItem(テーブル名, SWT.NONE);

    Label ラベル名 = new Label(テーブル名, SWT.LEFT); //ラベル
    ラベル名.setText(rs.getString("項目名"));
    editor = new TableEditor(テーブル名);
    editor.grabHorizontal = true;
    editor.setEditor(ラベル名, item, テーブルの列番号);
}

とりあえずこれでテーブルにラベル型でデータが入った列ができる…はず。
あと他にCCombo(コンボボックス)、Text(テキストボックス)、Button(ボタン)とかもある。
ボタンはSWT.CHECKでチェックボックス化するので、上手く使いたい所。
コンボボックスは恐らく別でコンボの内容を設定しなきゃいけないと思われる。
setTextで入れるとただの見出しみたいな感じになってたしね…。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/26(月) 00:13:31|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWTを入れる

Eclipseから落とすのが一番楽。
セキュリティの都合とかでそこから落とせないなら、頑張って探すしか無いですが…。

『ヘルプ』→『新規ソフトウェアのインストール』
「作業対象(W):」のコンボボックスから自分の落としたVerのサイトを選ぶ。
(例:落としたのがKeplerだった場合→ Kepler - http://download.eclipse.org/releases/Kepler

『一般用ツール』から『SWT Designer Documentation』を選択。
細かい所は省略します。

同じく、『一般用ツール』から『WindowBuilder Core Documentation』を選択。
細かい所は(ry

これで上手くいくはず。多分。
  1. 2014/05/25(日) 02:22:11|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eclipseをインスコする

①事前にやること
Eclipseとそのワークスペースのインスコ先を考えておきます。
Eclipse本体は「C:\Program Files」の中とかでいいんじゃないんですかね(適当)。

後、JDKとやらがいるっぽい。
C:\Program Files\Java\」で探してjdkから始まるそれっぽいのが無かったら入ってないと思われ。


②Eclipseをダウンロードしてくる
http://www.eclipse.org/downloads/
こっから落としてくる。
『Eclipse Standard』ってのが基本。
あれこれやるつもりがないなら『Eclipse IDE for Java Developers』でいいとか。余計な物が入ってないらしい。
後者の奴を入れても機能拡張はできるとの事なので、元から入ってるか後から入れるか位の違いしか無いんじゃないだろうか。

自分のPCが32bitか64bitかちゃんと確認してから落とす。
『[Japan] Japan ~ (http)』みたいな事書いてあるリンクがダウンロードリンク。


③導入開始
ダウンロードしたのを解凍。解凍して出てきたのを①で決めた所にぶっこみ。
でも多分このままつけるとフル英語で訳わかめだと思うので日本語化しましょう。

http://mergedoc.sourceforge.jp/
このページの
『Pleiades プラグイン・ダウンロード』って所を見ます。安定版の方をダウンロードします。
解凍します。
中身をさっきのEclipseフォルダの中にぶっこみ。ちゃんとぶっこみ先にEclipseの中身が入ってるのを確認しましょう。

ぶっこんだEclipseのフォルダの中に『eclipse.ini』ってファイルがあると思うので、開きます。
一番最後の行に「-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」と追加。

入れ終わったら、『eclipse.exe -clean.cmd』ってのをクリックして起動。
これは導入後に必要なだけで、普段は『eclipse.exe』の方から起動すればいい。
日本語で表示されてればひとまず成功なんじゃないだろうか。




見やすさとかいまいち。また環境作る機会あったらその時にスクショ撮って補足資料にしますです。
  1. 2014/05/25(日) 02:10:35|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。