人生綱渡り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遡る時間

マイクラ開拓記の繋ぎも兼ねて更新をば。
マイクラ以外ほとんど記事書けない辺りに自分がぼんやりと日々を過ごしている事を痛感させられます…。(´・ω・`)

昨日兄弟に付き合って遅くまでゲームやってた(というか隣で見てた)せいで眠くて眠くて、気がついたら寝ていました。
クソ丁寧に寝床でゴロゴロしてたのと窓から見える光がまだ明るかったのと自分が寝ぼけてたのが原因か、意識が戻ってすぐ思ったのは「やべぇ早く起きて学校行かないと」でした。
しばらくしたら頭に先生や友人の顔や今日やった授業の作業してる様子が巡り、自分が学校から帰ってきてうたた寝してしまっていた事を思い出しました。
ただ寝ぼけてただけですが、一瞬とはいえ記憶がぶっ飛んでたということ驚き。


そういえばその時見ていた夢が、『廃墟と化した建物で数人の人と一緒に何かよくわからない生き物に脅かされながら立て篭もる』っていう感じの内容だったのすが、今振り返るとセーブデータ配布している方の廃ホテルと内装が結構似ていた…。
コンクリのはずの階段の踏み板とかからポツポツと不気味な植物が芽を出し始めていたり見張りをさせた爺ちゃんが化物を通しそうになったり冷静になると結構怖い夢だった…。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/14(金) 21:04:02|
  2. 日記的なもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画見に行ったー

当たり前なことですが、早く寝ればそれだけ早く起きれますね~。
ギリギリまで寝てハイスピードで支度して出かける普段と比べたら何この余裕状態です。

さて、昨日友達に誘われておおかみこども見てきました~。面白かった!※以下ネタバレ含みます
狼に変身できるせいで迫害されたりして何か凄いピンチになるのかな、なんて思ったけど周りの人いい奴で拍子抜けしましたw

伏線とか考えて見てる友達がいたので、ちょっとズレてるかもですが、個人的な考察(?)をば。

見終わってから思ったのは、親父(狼男)が鳥を取り損なって川で亡くなった→雨が鳥を取り損なって川にドボンは状況が似てる気がします。その時雨も親父さんも恐らく同じ事を考えていて、親父さんは亡くなり雨は助かった。
花があれだけ動揺したのは、子供が死にかけて、というのもありますが、状況が親父と似ていたから同じ末路を辿ってしまうのではないか、と頭の隅で思ったのもあるかと思います。
「運命(歴史?)は輪ではなく螺旋である」とか言う言葉がありますが、そんな感じだったんですかね。同じような存在に同じように繰り返されたけど、結果が変わった。尤も変わった事でまた別の結果を招いたのかもしれませんが。
いくら見た目が動物とは言えゴミ収集車で回収はトラウマもんですね。飼い主らしき人(実際は妻ですが)が泣きついてきた、って事で遺体を返してあげれば良かったのに、お役所仕事って怖いです。

最後の方の兄弟喧嘩も、兄弟の向いてる方向が結果に作用してましたよね。
人間として生きていく事を決めた雪は狼として生きていく事に決めた雨に勝てなかった。
あの辺りでもう「狼になれる人間」と「人間になれる狼」に分かれちゃってたのかな。
子供の頃と逆の方向を向くとは思わなかったけど、雪は草平に、雨は森の主の狐に出会った事でそっちに向いたのかなぁ、なんて。
基本花→雪の女性サイドで話が展開してたので、その頃雨が何してたのかイマイチ分からないのが残念です。
森の主と出会った話とかどんなやり取りしてたのか、とか凄い気になる。
まぁ、雪が学校で実感したみたいに、人間臭い事や普通の狼はそんなことしない、って事を知ってよりそっちの道に入り込めるように自己修正入れてった、って所だとは思いますが。
でも野郎ども空気w

気になって他所を拝見してきたのですが、う~ん。
無知は罪というか、自分は人間は善いとは考えてないので、自分や自分の子供に狼に変身できる力があったら隠すと思います。
動物の社会がどういう構造かは分からないのでそっちは何とも言えませんが、今だに無くならない人種差別や病気に対する不理解等、知らないモノに寛容じゃないのが人間なんじゃないかと。
受け入れてくれる数少ない人を信じるのは素敵ですが、他の大勢を説得するために秘密をさらけ出すのはリスクが多いんじゃないかと思います。まぁ、本当に仲良くやる気なら早い段階で周知した方が変な固定概念を付けなくていいとも思いますが。
逆に異能、他者と違うのを理由に言い訳するような奴も嫌だけど。
つまんないモノの見方してた意見に関しては割愛。見方は人それぞれなので否定はしませんが、あまりにも俗物思考過ぎるのは嫌ですね。世の中そういう奴ばっかりだから"俗"物って言うんでしょうけど。

以上、感想とかもとい浅読みでした。長文すみません。
でも1つの作品を題材にごちゃごちゃ考えるって大事だと思いますよ!何度も見てその度違う目線で見ればそれだけ色んな事を発見できますし。
  1. 2012/09/06(木) 07:23:49|
  2. 日記的なもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。