人生綱渡り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同じようで違うこと

どうも、QWHRです。お久しぶりです。

日々の生活に追われ、更新が遅れました。
しかしあれですね。
人間忙しくなるとこれまでの生活で何が余分だったかよく分かりますね。
まぁ、労働的な意味で無意味でも人生を満たす的な意味ではそれ程無駄ではないことも結構あると思いますけど。

仕事のためだけに生きたとして、
なんかの理由で仕事を辞めざるをえなくなったり、
定年とかで退職したら何が残るんでしょう?

そりゃ、仕事にやりがいやら生きがいやらを見出すのは人の好き好きですけど、
それが無くなったら一気にボケたり抜け殻や生きる屍みたいになるんじゃないんですかねぇ。

とは言え、一生を捧げる程の意志や覚悟が無い限り日々の糊口稼ぎに追われて集中できないのも確かな訳で…。


で、本題。
「なんで訊かなかった?」「分からなかったら訊いて?」とか、
「なんでできると思った?」みたいなことを言われた時に思ったこと。
我ながらすげぇ屁理屈だと思いますが…。

「間違ってるのに尋ねない(やっちゃった)」っていうのは、
「分からない(けどやった)」のではなく、
「分かっている(つもりでいる)」ってことでしょ?

間違った理解していても当人はそれが『正しい』と思っている訳で、
そして『正しい』んだから訊かないんでしょ?


「分からない」「間違って理解している」って、
同じことのようで全然違うことだと思うんですよ。

ほんとに「分からないな」と思ったら(少なくとも最低限のレベルで)人に訊くだろうし、
「分からないのに訊いてこない」のは、
ものによっては当人だけじゃなくて訊かれる側も問題があるのではないでしょうか?
ここで「そんなの勝手に困ればいい。俺は知らん」って思った方、その嫌な姿勢が滲み出てるから避けられてるのでは?

間違って理解している場合は当人が正しいと思ってる間は絶対に訊いてきません。
なぜならそれで合ってると思ってるから。

簡単な事ですね。
面倒でも相手が「どれ位理解していたのか」から確認していかないと、絶対要らん軋轢を生みます。


後は「人(主に客や自分)のことを考えろ(気遣え)」と言う方。
その言葉を言う前、言った後にどれだけ相手のことを考え(気遣い)ましたか?

ガキの喧嘩じゃないので、「相手がそうだから自分もそうする」「こいつは自分より立場が下だからOK」ではダメでしょう?
立場が違うなら尚更問題だと思います。

奴隷を振り回してるならともかく(それは別の意味で問題ですが)、相手も自由意志で付き従ってるのです。
反感を買われて嫌々やってる感満々で付き従われるのと、
自分のために喜んで動いてくれる"忠誠心"で付き従われるのではどちらがいいですか?

無論これは言われる側も「全受け姿勢で何もしない」のはいけませんが、
将来的に付き従う人間の数が多い方がいいなら、
上に立つ者として気を遣ってあげるべきなのではないかと思います。
まぁ、「頭数は十分だから別に困らないし」とか「ある程度残ってればいいかな」みたいなこと考えてるようなら、
「それなら何故入れた?」「要らないなら他所行ったり他のことすればよかった」って話になります。
相手のことをその程度にしか見てないのなら、
頭数に数えたり何かを要求した時の対応も"それなり"だと思っていただかないと困りますね。
  1. 2015/08/16(日) 01:17:27|
  2. 雑想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最早生存報告程度にすぎない何か | ホーム | もう泣いていいかな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qwhr91.blog.fc2.com/tb.php/103-a6cd428b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。